CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< フランスの薬局は楽しい | main | アルザスの青い空・・とブドウ畑とストウブの話 >>
フランスのふきんの話
0

     

     

    先日のブログとも似通ってしまうのですが、今度はキッチン関係の話。

     

    キッチン雑貨もやはり日本と外国では使うもの、用途が違います。

    フランスに移り住んだ最初のころは、ヒマだったこともあり、スーパーへ辞書持参で行き、固有名詞の勉強もかねてひとつひとつ商品の名前と照らし合わせる、謎の東洋人でした。

    (余談ですが、辞書は6000ページもあるやつで、持ち歩くのは一種の修行のようでしたが、電子辞書よりも紙の辞書が好きだったので背表紙が本体と離れるまで使い込みました。)

     

    そんなことしてると、気が付けば何時間もスーパーで過ごすことになり、言葉も覚えるし時間もつぶれるし晩ご飯の買い物もできるしで、一石三鳥でした。

     

    「最初は使い勝手が悪く、日本のものをフランスに持ち込んで使ってたけど慣れるとこのほうがいい!」というものはいくつかありましたが、一番のお気に入りはこの「ふきん」です。

    日本のふきんとはかなり違いますが、これで洗ったお皿拭くんです。

    フランス(ヨーロッパ)は硬水なので、水道水にカルキがかなり含まれているので、食器に水滴を残すとたちまちカルキが白く付着してしまうので、洗ったものはできるだけすぐに拭き上げないといけません。

    なのでふきんの使用頻度は日本よりも多いのではないかなあと思います。

    このふきん、フランス語ではtorchon(トルション)というのですが、吸水もよく大きいので使い甲斐があって本当に重宝します。

    何枚も買って、手を拭く用とお皿を拭く用に分けてガンガン使ってました。

    ちなみに今は洗った食器はさかさまで自然乾燥〜!ビバズボラ!

     

    ちなみに食洗機の設置率は日本よりも高い気がします。

    食洗機がビルトインで作り付けできるようになったキッチンも多いです。

    ちなみに洗濯機がキッチンにある家庭も多い(むしろほとんどそうじゃないかな)。

    浴室に洗濯機がある家庭をあまり見たことありません。

    今考えると不思議な感じです・・・キッチンに洗濯機。

    | フランスのはなし | 16:03 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする