CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 北フランスの人たち | main | 冬の過ごし方 >>
フランスのレシピ本
0

     

     

    Gienの商品の中でも私のお気に入り、「Jeux d'enfants」シリーズです。

    横に添えてみたのは、フランスで売られているお菓子のレシピ本。

    日本でもよく知られる「Nutella」と「Gateau Magique」(最初のaの上にアクサンがつきます)です。

     

    「Nutella」のほうは、ヌテラを使った焼き菓子などのレシピがたくさん収録されています。

    このようなレシピ本に、焼型やシリコンヘラなどの豪華おまけつきバージョンもよく見かけます。

    ヌテラ自体の味が完成されているので、出来上がったお菓子は美味しいこと間違いなし。

    もう1冊の「Gateau Magique」は、1つのケーキの生地が「スポンジ・カスタード・フラン」の3層に分かれているという美味しくて面白いもの。

    そのアレンジレシピがたくさん紹介されています。

     

     

     

    そもそも書店でバイトしていたこともあるほど本屋が好きだったので、フランスでもちょくちょく本屋には足を運んでました。

    近隣諸国のガイドブックなどはほぼフランスで揃えました。

    レシピ本も大好きなので、いろいろ買いました。

    煮込み、オーブン、パスタ、サラダetc・・・ 写真が付いているし、そんなに複雑じゃないので見ても作っても楽しい。

    特にフランス語ビギナーの方には超お勧めの学習書です!お料理好きならなおさら。

    1つ大きな違いがあるのは、日本では大匙1というのは計量スプーンでいうところの「大匙1=15cc」という概念が大前提にありますが、フランスのレシピは単にスープスプーン1、という表現の仕方なのです。

    スープスプーンって家庭によって大きさにも違いがあると思うのですが、ま、いいか・・・って感じなんでしょうかね。

    そんなおおらかなフランスが大好きです〜。

     

     

    | フランスのはなし | 16:07 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする